私がこの仕事を始めた時に

大きな目標として掲げたことのひとつは

 

「舩井幸雄先生のご本を創ること」

 

夢に制限は禁物だという話を聞いて

ぜーーーったい無理だと思いつつ

手帳に書いた時のあのドキドキ感は

いまでも忘れられません。

 

数年後

先生のご体調が

いよいよ思わしくなくなった頃に

先生へのお手紙に

「お元気になられた先生の

 ご本を創らせていただくのが私の夢です」

と、初めて書きました。

 

当時の私は

もう、自分の夢とかはどうでもよくて

先生がお元気になってくださったら嬉しいなと

その気持ちばかりでした。

そう書いておいたら

先生がよくなってくださるような

そんな気がしたのです。

 

舩井先生が天国へ旅立たれて

1年が過ぎて

先生がいちばん信頼をおいておられた

中矢伸一先生と舩井勝仁さんの

対談本を創らせていただくことになりました。

 

舩井先生にとって

きっといちばん大切なお二人です。

 

これは舩井先生が

私の夢の代わりにくださった

新しい夢というか

課題なのかなと思いました。

 

中矢先生の50冊以上

累計100万部を超える著作の代表作ともいえる

『日月神示 完全ガイド&ナビゲーション』

(徳間書店)は

私にとって特別なもので

舩井幸雄先生に勧められて購入した

初めてのご本でした。

 

とっても難しかったけれど

何に役立つのか、

まださっぱり分からなかったけれど

それでも学べることが嬉しくて

隣にノートを置いてメモを取りながら

一生懸命読んだものです。

 

いま思えば

私の精神世界への扉を開いてくださったのは

中矢先生の教えてくださる日月神示でした。

舩井先生と同じで

ちょっぴり厳しいのだけれど

そのおかげさまで

私はふわふわすることなく地に足をつけて

この仕事を続けてくることができたのです。

 

その中矢先生のお言葉を

編集させていただけるなんて

なんて幸せなことだろう。


嬉しい気持ちでお引き受けしたものの

当たり前と言えば当たり前

日月神示と出逢って25年

精神世界の探求を始めて実に30年以上の

中矢先生の言葉を編むことが

そんなに甘い作業であるはずもなく

その重圧に心が折れる……ばかりか

最後には身体まで

折れてしまうことにもなりました。

 

そうして

お二人をお待たせすること1年と8カ月。

 

昨日、ようやく

中矢先生からあとがきの原稿を頂戴して

すべての原稿がそろうところまで

漕ぎつけることができました。

 

あとがきの原稿を読ませていただいて

お世辞半分と分かっていても

いただいたお褒めの言葉に涙が出ました。

 

なんだか天国の舩井先生にも、

課題の及第点をいただけたのかな

「やっとあなたも

 本らしい本がつくれるようになったなあ」

なんて

褒めていただけたのかな

なんていう気がして……ね。

 

『日月神示的な生き方

 大調和の「ミロクの世」を創る』

9月中旬には

皆様のお手元にお届けできると思います。

 

私のそんな気持ちとは関係なく

お二人の対談は

必ずや皆様のお役に立ちます。

どうぞ、楽しみになさってくださいね。

 

今日もお読みくださってありがとうございます。

愛と感謝をこめて。

 

尚子 拝

 

追伸

「◎月×日のブログをみた」と
ご注文画面の備考欄に書いていただければ
その日にご紹介している書籍の送料を
弊社負担とさせていただいています。
皆さまぜひぜひご活用くださいませ〜♪

****************************************

☆新刊『時は今 封印が拓かれるとき』

(小川雅弘・舩井勝仁・村中愛 著)

税込定価700円・ただいま送料無料キャンペーン中

 

☆10月15(土)16日(日)舩井フォーラム2016
〜 封印が拓かれるとき 〜
パシフィコ横浜国立大ホール・アネックスホールほか
きれい・ねっとブース出展、山内尚子歌います♪


※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
http://kilei.net/mail_magazine/


****************************************

お出かけ続きで、

ちょっとお久しぶりの投稿です。

 

夏の終わり、台風が押し寄せていますね。

なるべく被害の少ない

浄化の風雨となりますようにお祈りしています。

 

今回の出張では

大好きな元美さんと鳥居さんとご一緒したり

 

 

三浦クリニックで

三浦直樹先生のご本創りの打合せ…のはずが

なんか気づいたら二人増えてました。

 

ここはクリニック内のホルミシスルームなのですが

「ホルミシスの申し子」(赤塚高仁命名)としては

体験しないわけにはいきませんので

しっかり体験してきました。

 

三浦先生は

『週1断食で万病が治る』の著者様なのですが

実はクリニックを訪れる方はほとんど

ガンを患われている方なのだそうです。

その診療の中で感じること伝えたいことを中心に

ご本創りのお手伝いを

させていただくことになりました。

 

来年はじめには

かたちになってくると思いますので

楽しみにお待ちいただければと思います♪

 

その他会議に出たり

なんやかんやして帰ってきたわけですが

帰り道の新幹線は

夏のお楽しみからお戻りの皆さんで

ごった返していました。

 

今週は『日月神示的な生き方』の

レイアウト作業を進めながら

次のご本の流れを考えながら

印刷やさんの決算の経理作業をがんばります。

 

こうしてお仕事が重なってくると

いつも思うんだけど

 

もうちょっと

もうちょっとでいいから

 

頭が、頭が、

 

良くなりたーーーい!

 

 

まあ

そんな無理なお願いをしても仕方ないので

地道に精進したいと思います。

 

あ、そういえば地味に小ネタを披露しますと

8月末から水星逆行が始まるので

(たしか9月21日まで)

私のようにいろいろやらないといけない人は

そこまでに目途が立つように

がんばるといいと思います。

 

子供たちは進んでいない宿題が

チラチラしているだろうし

大人はお休み明けで

ポヨンとしていることと思いますが

皆さまどうぞ

夏の終わりのきらめきを

お楽しみくださいますように〜☆

 

今日もお読みくださってありがとうございます。

愛と感謝をこめて。

 

尚子 拝

 

追伸

「◎月×日のブログをみた」と
ご注文画面の備考欄に書いていただければ
その日にご紹介している書籍の送料を
弊社負担とさせていただいています。
皆さまぜひぜひご活用くださいませ〜♪

****************************************

☆新刊『時は今 封印が拓かれるとき』

(小川雅弘・舩井勝仁・村中愛 著)

税込定価700円・ただいま送料無料キャンペーン中

 

☆10月15(土)16日(日)舩井フォーラム2016
〜 封印が拓かれるとき 〜
パシフィコ横浜国立大ホール・アネックスホールほか
きれい・ねっとブース出展、山内尚子歌います♪


※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
http://kilei.net/mail_magazine/


****************************************

やっとタイトル決めたのよ。

『日月神示的な生き方』

(中矢伸一・舩井勝仁)

 

あなたの意識と行動がミロクの世を創る

 

そんな感じのご本です。

 

最終章がんばってます。

 

参考資料さんたち

もう何回読んだか分からない。

写真右下はお正座している私の足です。

 

1年半かかりました。

 

長かった。

 

でも、一瞬遅くもなく一瞬早くもなく

 

岡本天明氏に日月神示が降ろされた

天之日津久神社で光をいただいて

やっと紙に落とすことができます。

 

いかんいかん

 

まだ終わってないっちゅうの。

 

もうひと踏ん張りなので

ブログ更新もうちょっと待ってねー♪

 

そう言えば私、明日の朝に

仕上がってるイメージでやってるんだけど

(明日から大阪→東京出張だから)

明日って満月だよね。

 

すばらしすぎる♪

 

よーし、テンション上げていこう!!

 

皆さま、楽しみにお待ちくださいね〜☆

 

今日もお読みくださってありがとうございます。

愛と感謝をこめて。

 

尚子 拝

 

追伸

「◎月×日のブログをみた」と
ご注文画面の備考欄に書いていただければ
その日にご紹介している書籍の送料を
弊社負担とさせていただいています。
皆さまぜひぜひご活用くださいませ〜♪

****************************************

☆新刊『時は今 封印が拓かれるとき』

(小川雅弘・舩井勝仁・村中愛 著)

税込定価700円・ただいま送料無料キャンペーン中

 

☆10月15(土)16日(日)舩井フォーラム2016
〜 封印が拓かれるとき 〜
パシフィコ横浜国立大ホール・アネックスホールほか
きれい・ねっとブース出展、山内尚子歌います♪


※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
http://kilei.net/mail_magazine/


****************************************

良いお盆休みをお過ごしですか?

 

私はお墓参りに行く以外は

ずーっとパソコンに向かっています。

 

編集中はたぶん

物理的ではないどこかを旅しています。

 

誰も意見をくれないというか

誰からも意見を求めてはいけないの。

私自身からもね。

 

周りに誰もいないどころか

自分の存在さえもなくなってしまう。

預けてくださった著者様の想い

エネルギーを、ただ言葉に落とし込んでいく。

 

究極の孤独。

 

何ものかを生み出すというのは

こういうことなんだろうなと思う。

 

まさに意乗りの時、だよね。

 

さあ、今日も旅は続きます。

 

仕上がりを

どうぞ楽しみになさってくださいね♪

 

今日もお読みくださってありがとうございます。

愛と感謝をこめて。

 

尚子 拝

 

追伸

「◎月×日のブログをみた」と
ご注文画面の備考欄に書いていただければ
その日にご紹介している書籍の送料を
弊社負担とさせていただいています。
皆さまぜひぜひご活用くださいませ〜♪

****************************************

☆新刊『時は今 封印が拓かれるとき』

(小川雅弘・舩井勝仁・村中愛 著)

税込定価700円・ただいま送料無料キャンペーン中

 

☆10月15(土)16日(日)舩井フォーラム2016
〜 封印が拓かれるとき 〜
パシフィコ横浜国立大ホール・アネックスホールほか
きれい・ねっとブース出展、山内尚子歌います♪


※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
http://kilei.net/mail_magazine/


****************************************

中矢伸一先生と舩井勝仁さんの

共著の編集が最終段階に入っています。

 

これは対談のときの写真。

 

 

録音を聞いていたら

私ったら失礼にも

中矢先生の優しさが伝わる本にしたいと

一生懸命言っていました。


その時中矢先生は

ニコニコ笑ってくださっていました。

(穴があったら入りたい……トホホ)

 

中矢先生のご本やご発信には

とっても厳しいことを

書いてあることが多いです。

特にスピリチュアルな人に関しては

自分のことばかりで

エゴエゴの「お花畑」だって

容赦がないことこの上ない。

あと、「反日勢力」への発言も

ほんっとに舌鋒鋭い。

(「反日勢力」については誤解も多いので

 本書内でしっかり言及する予定)

 

で、そうすると読者がね。

やっぱり圧倒的に男性が多いのです。

 

でも、しっかり読んでいくと
女性にも伝わってほしいことがたくさんある。

それに先生は、実はものすごく

優しくて愛に満ちていて

すごくスピリチュアルな方なのです。

 

だからこそ、

精神世界のことを学んだならば

ちゃんと現実に、

そして世のため人のために

大切ないのちを活かしなさいという

叱咤に違いないと私には思えるのです。

 

みんなが振り向いて、

ハッとしてくれるように

それを祈って手厳しいことを書かれている。

いい加減気づいてくれよと

ちゃんと本気でミロクの世を目指そうよと

そんな想いで発信されているんですね。

 

さて、ちょっと話は変わりますが

 

今は宗教に関する部分を仕上げていて

偶像崇拝のことが出てきています。

 

まとめていて感じたのは

だから、ここからは

本の内容とはちょっと違うのだけれど

 

偶像崇拝というのは

なんなんだろうと考えていくと

それは祖先を敬う心なんだろうなと思うのです。

神話もきっとそう。

 

名前のある神さまたちっていうのは

きっと叡智あるその地の祖先の方々。

宇宙の根源は語らないけど

真理を探究して根源とつながって

知り得たことを

子孫のために文字にして

あるいは型に落とし込んで残してくださったのね。

 

中には自己顕示欲の場合も

あるかもしれないけど……。

 

結局そこから

学び気づき実践するのは自分だから

御利益を求めたりなんかしたら

あーあ、まだそんなところにいるの?って

失望されちゃうよね。

 

その時空を超えた

天意、宇宙の根源の意志と

しっかりつながり合った愛に

こうべを垂れずには

手を合わせずにはいられない。

それが偶像崇拝の本質なんじゃないかなと

そんなことを思います。

 

マリアさまのような母でありたい。

イエスさまが「婦人よ」と語りかけた時

いのちを預かる期間が終わることを

愛する息子の自立を悟り

「この方の言われるとおりに」と言える

そんな母でありたいと

そう思う気持ち

それを示してくださることへの

感謝と畏敬の気持ちは

宇宙の根源とつながる信仰と

矛盾するものでは決してないんじゃないかな。

 

そんなことを想うのです。

 

良いご本になりますように

愛と祈りをもって

ここは舩井流にいこうかな

「命がけで」編集にあたります。

 

どうぞ楽しみになさってくださいね♪

 

今日もお読みくださってありがとうございます。

愛と感謝をこめて。

 

尚子 拝

 

追伸

「◎月×日のブログをみた」と
ご注文画面の備考欄に書いていただければ
その日にご紹介している書籍の送料を
弊社負担とさせていただいています。
皆さまぜひぜひご活用くださいませ〜♪

****************************************

☆新刊『時は今 封印が拓かれるとき』

(小川雅弘・舩井勝仁・村中愛 著)

税込定価700円・ただいま送料無料キャンペーン中

 

☆10月15(土)16日(日)舩井フォーラム2016
〜 封印が拓かれるとき 〜
パシフィコ横浜国立大ホール・アネックスホールほか
きれい・ねっとブース出展、山内尚子歌います♪


※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
http://kilei.net/mail_magazine/


****************************************


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Recommend

Recommend

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM