姫路は今朝がたから

ものすっごい雨なのですが

皆様のところはいかがでしょうか。

台風、どう動くか予測が困難とのことですが

とにかく被害が最小限であることを祈ります。

 

それにしても

夏の終わりの足音の

速いことにはびっくりします。

余韻を味わう暇もないくらい。

 

たつきさん

夏休みの宿題は終わったものの

休み明けの実力考査の範囲が膨大すぎて

気が狂いそうなんだそうです。

 

で、勉強道具を床に放り出して

突然始める腕立て伏せ

 

 

毎日100回、腹筋背筋もかなりやるらしい。

吹奏楽部なのに

実はムッキムキというのが目標なんだって。

 

ちょっと斜めなのは、

終盤でかなり苦しいから。

 

 

そして、伸びるのでした。

 

この後、英語の勉強してて

例文を声に出して覚えてるんだけど

 

How dare you say me liar?

「よくもまあ、あつかましくも

 私が嘘つきだなんて言えるわね!」

 

なんちゅう例文やねん。

 

しかも、なんで

訳文オネエ口調やねん。

 

という、夏の終わり

ムッキムキな週末なのでした。

 

さ、月曜日だよ。

仕事します。

 

今日もお読みくださってありがとうございます。

愛と感謝をこめて。

 

尚子 拝

 

追伸

「◎月×日のブログをみた」と
ご注文画面の備考欄に書いていただければ
その日にご紹介している書籍の送料を
弊社負担とさせていただいています。
皆さまぜひぜひご活用くださいませ〜♪

****************************************

☆新刊『時は今 封印が拓かれるとき』

(小川雅弘・舩井勝仁・村中愛 著)

税込定価700円・ただいま送料無料キャンペーン中

 

☆10月15(土)16日(日)舩井フォーラム2016
〜 封印が拓かれるとき 〜
パシフィコ横浜国立大ホール・アネックスホールほか
きれい・ねっとブース出展、山内尚子歌います♪


※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
http://kilei.net/mail_magazine/


****************************************

黙示録の原稿が

届き始めて

今日から少しずつ

私も取り組み始めています。

 

聖書の最終章。

預言だ終末論だと言われる黙示録。

その本質に

赤塚高仁さんと舩井勝仁さんが

それぞれのアプローチで迫ります。

 

私の役目は

それを一つの流れへと

統合、融合することかな。

 

そして、9月半ばから

お誘いいただくこと3回目にして

ついに私も

イスラエルに行くことになりました。

 

おりしも、水星の逆行が始まります。

8月30日から9月21日まで

過去へ過去へと

情報が逆流を始めるのです。

 

今の文明が始まった場所だよと

声なき声が教えてくれます。

 

まさか、そこまでの過去を

見つめることになるなんて。

 

その終焉とはなにか

その向こうにある

はじまりとはなにか。

 

分かっていることは

赤ん坊の頃のことさえ

まともに思い出せない

私の頭で考えたところで

到底分かるはずのないことが

待っているのだろうということ。

 

気負うことなく

期待しすぎず

思考に囚われず

ただ「す」の私のままで

出かけてこようと思います。

 

さあ、その前に

もうすこし断捨離を進めよう。

あと、お仕事の目途もつけなくちゃだし

何より

しっかり体力を

養っておかないとね。

 

今日もお読みくださってありがとうございます。

愛と感謝をこめて。

 

尚子 拝

 

追伸

「◎月×日のブログをみた」と
ご注文画面の備考欄に書いていただければ
その日にご紹介している書籍の送料を
弊社負担とさせていただいています。
皆さまぜひぜひご活用くださいませ〜♪

****************************************

☆新刊『時は今 封印が拓かれるとき』

(小川雅弘・舩井勝仁・村中愛 著)

税込定価700円・ただいま送料無料キャンペーン中

 

☆10月15(土)16日(日)舩井フォーラム2016
〜 封印が拓かれるとき 〜
パシフィコ横浜国立大ホール・アネックスホールほか
きれい・ねっとブース出展、山内尚子歌います♪


※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
http://kilei.net/mail_magazine/


****************************************

昔、かれこれ20年ほど前は

システムエンジニアをしていたこと

そして、そのもっと前から

簿記をずっとやっていて

松山に住んでいた頃は

三越にほど近い会計事務所に勤めていたこと。

 

印刷部門の税務申告。

会計事務所さんには

元帳に仕上げた状態で持っていって

そこからアドバイスをいただきます。

 

まだまだゼロの数は少ない

小商いだけれど

請求書や領収書、通帳コピーの束を前に

電卓をたたき始めると

その頃の感覚がよみがえってきます。

 

そうそう、私ってば

実は数字好きなのよね〜♪っていう感じ。

 

私がまがいなりにも

会社経営できているのは

この感覚があるからだろうと思います。

 

この数字さんたちはね。

 

一年間の私たちの動きを

如実に表しています。

 

昨年、私が倒れた時には

数字が急降下しています。

 

まだ決して楽観はできないのですが

よく乗り切れたものだと

しみじみ感じます。

 

そんな作業も今日一日が最終のヤマ場。

 

20年来の相棒ちゃん(電卓)とともに

しっかり現実に向き合いたいと思います♪

 

 

今日もお読みくださってありがとうございます。

愛と感謝をこめて。

 

尚子 拝

 

追伸

「◎月×日のブログをみた」と
ご注文画面の備考欄に書いていただければ
その日にご紹介している書籍の送料を
弊社負担とさせていただいています。
皆さまぜひぜひご活用くださいませ〜♪

****************************************

☆新刊『時は今 封印が拓かれるとき』

(小川雅弘・舩井勝仁・村中愛 著)

税込定価700円・ただいま送料無料キャンペーン中

 

☆10月15(土)16日(日)舩井フォーラム2016
〜 封印が拓かれるとき 〜
パシフィコ横浜国立大ホール・アネックスホールほか
きれい・ねっとブース出展、山内尚子歌います♪


※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
http://kilei.net/mail_magazine/


****************************************

今年の春ごろだったか

ある取引先の事務の方からお電話があり

以前つくらせていただいた印刷物の

再発注をいただきました。

 

まずは金額を知らせてください

とのことだったので

その日のうちに調べて

スタッフのKさんがお電話で

金額や納期などを伝えてくれました。

 

6月になって

別のお仕事でその方からお電話があり

「何も連絡がないけどどうなっていますか」と

おっしゃるので

その日のうちにお知らせして

ご連絡をお待ちする

ということだったと思うのですが……と言うと

「いいえ、連絡いただいていません」と

きーっぱり。

 

あまりの清々しさに

反論もできず

仕方ないので金額を再度お知らせ。

数量を決めてまた連絡しますとのことで

電話を切りました。

この時、また誤解があってはまずいと思い

経緯の履歴を

手帳とパソコンに残しました。

 

で、昨日だったか

別件を調べていた時に

その履歴を見つけて

そういえばあの件はどうなったのかな

たしか9月初旬に

使うとおっしゃっていたなあと思い

お電話をしてみました。

 

すると

「ご連絡を待っていたのですが

 お返事がなかったので……」と

またもや、きーっぱり。

 

まあ、お電話したタイミングがよくて

印刷物は間に合うことになって

ことなきをえたのですが……。

 

ふーむ。

 

おもしろいことに

特に腹立たしさはなくて

これってどういう意味だろうなあと

考え込んでしまいました。

 

もちろん、その取引先さんとの関係が

潮時なのかなというのもあるけど。

 

あと、その事務の方の記憶能力

大丈夫なのかなというのもある。

 

ただ、それより何よりその事務の方

ほんっとにきっぱりおっしゃってたから

もし責任を問われたら

きれい・ねっとさんが連絡くれなかったって

何の迷いもなく

おっしゃるんだろうなあ。

ていうか

もうおっしゃってるかもしれない。

一度しかお会いしたことないけれど

しっかりした印象の方だったからね。

そう聞いた人は

へーー、きれい・ねっとさんって

そんなとこあるんだーって

思っちゃうかもしれない。

 

でも、そこに目くじら立てるんじゃなくて

こういう悪意のない行き違いって

きっとよくあるんだろうなあと

思うんですよね。

(いや、ここまで

 忘れることはないと思うけどね)

 

やっぱりね。

ちゃんと会ったり話したりして

自分で判断しないといけないなと思った。

 

しかし

ほんとに腹立ってないのよね。

少し前なら

絶対怒ってたと思うんだけどなあ。

その理由が知りたいくらいだよ。

 

こうなってくると

もうオチもなんにもないんだけど

 

とにかくびっくりしたということで

熱海が大好きな妖精の「あつお」とともに

今日のブログを

締めくくりたいと思います。

 

 

 

みんな!

お互い

もの忘れには気をつけようぜっ!

 

今日もお読みくださってありがとうございます。

愛と感謝をこめて。

 

尚子 拝

 

追伸

「◎月×日のブログをみた」と
ご注文画面の備考欄に書いていただければ
その日にご紹介している書籍の送料を
弊社負担とさせていただいています。
皆さまぜひぜひご活用くださいませ〜♪

****************************************

☆新刊『時は今 封印が拓かれるとき』

(小川雅弘・舩井勝仁・村中愛 著)

税込定価700円・ただいま送料無料キャンペーン中

 

☆10月15(土)16日(日)舩井フォーラム2016
〜 封印が拓かれるとき 〜
パシフィコ横浜国立大ホール・アネックスホールほか
きれい・ねっとブース出展、山内尚子歌います♪


※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
http://kilei.net/mail_magazine/


****************************************

イヤーコーニングの近藤真澄ちゃん

ご紹介いただいた

「ten*のてしごと」のみやちゃんがつくる

国産ヘンプ100%の

ぱんつちゃんとマスクちゃん。

 

東京の真澄ちゃんのアジトで

女子会していた時に

真澄ちゃんが見せてくれて

ほしーいと言ったら

その場でお電話をしてくれて

大人気でちょっぴり待っていたのが

出張から戻ると届いていました。

 

写真はみやちゃんのサイトからお借りしました。

 

 

楽しいのが

みやちゃんは山口は下関の方なのですが

発送が旅先の鹿児島だったのね。

お手紙に「薩長同盟かも♪」なんて書いてあり

そうかも〜なんて思う私。

 

まだお会いしたことはないけれど

間違いなく気が合うと

確信したのでした(ニヤリ)。

 

実は私、数年前にコットンのふんどしで

ふんどしデビューしていたのですが

ぶあついので

「もさっ」としてしまい

もっぱらジーンズの私は

続けるのが難しかったのですね。

 

この「愛ぱんつ」は

そのあたりが解消されているので

私にも続けられそう。

しかも国産ヘンプ100%で

しかもしかもみやちゃんの手づくり。

 

手にしただけで幸せが広がります。

 

えーっと、一応ヘンプやふんどしのこと

みやちゃんのご説明から

ざっくり引用してみますね。

 

ヘンプ(麻)は太古からヨリシロと呼ばれ、

邪気を払い、神様を招く植物とされてきました。

「麻」に「大いなる」という意味の敬語が付き、

「大麻」と呼ばれ、大切に扱われてきました。

古代人は、身にまとう「衣」として、

免疫力を高める(ヘンプ)を好んで着用していました。

 

ゴムと化学繊維で

身体を締め付けるパンツは

無意識のうちに身体にストレスを与え

それが人の免疫力を

20分の1にまで下げてしまうと言われています。

下半身の締め付けから解放されると

身体も心も緩み

本来の身体の循環を取り戻します。

循環が起こると免疫も上がります。

 

あと、きれい・ねっとから

大好きな中山康直さんの

麻のご本も出ていますのでよろしければ

ご一読くださいませ。

 

『奇蹟の大麻草 人類への贈りもの』

中山康直著 1,500円

 

大切に着させていただきます。

みやちゃん、心からありがとうございます♪

 

それで、愛ぱんつを着てみて思うのは

ゆるめることの心地良さ、大切さ。

 

ゆるめると

私という容れ物

器が大きくなって

そうして本質が入ってくるんだね、ということ。

 

断捨離をどんどん進めましょう♪って

あちこちで言われているので

きっと皆様取り組まれてると思うんだけど

 

ひょっこり

「断捨離しなければ!!」って

カチンコチンになっていませんか?

 

それだと心身にゆとりとか

隙間ができるどころか

自分という枠がどんどん

ちっちゃくなっちゃうんじゃないかしら。

 

ふわんとゆるめると

捨てるというよりは

手を放すという感じになるのね。

 

要らないものなんて

本当は何一つない。

逆に所有なんていうのも

私たちの勝手な思い込みで

そもそも私のものなんて、どこにもない。

 

新しい、本当の宝物を迎え入れるというか

新たな存在と手をつなぐための

(「もの」は物質とは限らない、念のため)

手放しであったり断捨離なんだということを

忘れちゃいけないよね、と思いつつ

9月1日だったかな

次の新月までの断捨離を

ゆるゆるゆるめて

楽しみたいなと思うのでした。

 

今日もお読みくださってありがとうございます。

愛と感謝をこめて。

 

尚子 拝

 

追伸

「◎月×日のブログをみた」と
ご注文画面の備考欄に書いていただければ
その日にご紹介している書籍の送料を
弊社負担とさせていただいています。
皆さまぜひぜひご活用くださいませ〜♪

****************************************

☆新刊『時は今 封印が拓かれるとき』

(小川雅弘・舩井勝仁・村中愛 著)

税込定価700円・ただいま送料無料キャンペーン中

 

☆10月15(土)16日(日)舩井フォーラム2016
〜 封印が拓かれるとき 〜
パシフィコ横浜国立大ホール・アネックスホールほか
きれい・ねっとブース出展、山内尚子歌います♪


※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
http://kilei.net/mail_magazine/


****************************************


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Recommend

Recommend

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM