すーーーっかり

あけてしまいましたが……

おめでとうございまーーっす☆☆

 

それぞれに

すばらしい新年をお迎えのことと思います。

心よりお慶び申し上げます。

 

そして

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

一番お正月らしい写真。

 

 

昨年末に書きましたとおり

私の年の瀬はですね。

 

毎年実家のこたつで

(まあ、事務所の上の階なんですけどね)

たつきが

いろいろとテレビの状況を

わあわあ報告してくれるのを聴きながら

 

それから休憩にみかん食べたり

年越しそばを食べたりと

年越しを感じながら

 

年賀状を書いたり

編集したりするわけですけれど……

 

 

今年は

途中からすっかり新年気分が

薄れてしまっていました。

 

 

なんでかというと……

 

 

満月に合わせるように校了した

片岡航也さんの新刊

『お月さまからのメッセージ

 〜いま伝えたい魂を輝かせる月のテンポの秘密〜』

 

 

これ読んでいくとね。

 

 

まあ、薄々は知っていたのだけれど

 

太陽(グレゴリオ)暦の新年

新年ちゃうやーーーーんっ!

 

 

という真実が

確信として分かるから。

 

 

太陰暦(旧暦)のお正月は

たしか2月16日になりますね。

 

 

寝正月しちゃったり

お掃除中途半端だった皆さんには

朗報ですね〜^^

 

 

ただね。

 

 

引き戻すようだけど
いま、世界中のほとんどの人が使っている

太陽暦での年の切り替わりは

確実に切り替わりではある。

(いや、だからこそ

 これを牛耳る存在っていうのが

 すごい力を持つわけだけれども)

 

 

そういう意味でも

いまはバランス感覚が

すごく大切だと思います。

 

 

1年の流れというのは

大きく言うと冬至から

ゆっくりと切り替わっていくし

 

そもそも春夏秋冬

どこを始めと言うのか

終わりと言うのか

 

考えてみたら

区切りって

誰もに様々な形で訪れるもので

誰かが決めたものに

囚われること自体が

必要ないことなんだね。

 

 

私がいいなと思う

考え方としては

こういう様々な区切りに際して

振り回されるんじゃなく

それぞれの区切りの持つ特性を

上手に自分の切り替えに

利用するということかな。

 

 

明治時代に暦が切り替わっても

農業の世界

つまり植物の成長は

旧暦で考えるほうがしっくりくるし

大切にされ続けていると

聞いたことがあります。

 

 

いま、私も含めて

ほんっとうに多くの人が

お月さまのことを

大切に語るようになっていますが

 

 

実は、「月の時代」の到来を

20年も前から

伝えていた人がいて

 

その人は

なぜお月さまが

私たちにとって大切なのかを

しっかりと明かしてくださっていた。

 

でも、その時は精神世界はまだ

扉かすこーし開いたくらいだったから

(私なんかは「スピリチュアル」という

 言葉すら知らなかった)

一部の人々にしか広がらなかったのだけれど

 

その人、

片岡慎介さんが天国へと還られて後

様々な奇跡のような出来事を経て

その後継者となった航也さんが

お月さまからのメッセージを伝える道を選び

その表現のパートナーとして

きれい・ねっとを選んでくださった

 

 

なんとも言えないその流れが

 

 

2018年のはじまりと

その道行を、指し示しているような気がします。

 

 

13日東京、20日大阪での

超進化論講座5回目でも

お話しさせていただきますし

(現実的なお話の会なので

 支配構造のことも話しますね。

 あと、瞑想ワークに

 月のテンポCD使いましょう)

 

16日、トータルヘルスデザイン東京ショップでの

片岡航也さんの出版記念講演会

(私も登壇します、書籍先行販売予定です!!)

でも、お話しさせていただきます♪

 

ピンと来た皆さま

ぜひご一緒に楽しく

2018年を迎えることができましたら幸いです。

 

 

あ、そしてね。

 

 

本の中にも何度も出てくる

「統合」「調和」という

キーワードがあります。

 

 

航也さんの表現は

どちらかというと右脳的、

つまり感覚的なアプローチからの

「統合」なのだけれど

 

 

左脳的

つまり、理論的なアプローチからの

「統合」を説かれるのが

篠浦伸禎先生

 

 

あ、6日の篠浦伸禎先生

姫路での出版記念の講演会

まだすこしお席あると思います。

もちろん、私も登壇しますので

よろしければぜひ、お出かけくださいね♪

 

 

話を戻して

右脳的か左脳的かの違いが

本の創り方とか捉え方に

ものすごーーくあらわれてきます。

 

 

まったく違うんです。

 

 

でも、編集してると感じるのは

そこにある深い愛

そして目指している場所が

見事に同じだということ。

 

 

ああ、そうか。

 

 

ある意味

そこで「統合」を実現していっているのが

きれい・ねっとであったり

私自身のやりたいことなんだろうなと

書いてて気づきました。

 

 

そして、書いてるうちに

今年も楽しくがんばるぞーという

気分になってきました^^

 

 

と、いうわけで

明日から事務所も通常営業

楽しくがんばりま〜す☆

 

 

今日もお読みくださって

ありがとうございます♪

 

愛と感謝をこめて。

山内 尚子 拝

 

 

****************************************

☆楽しみなイベント

2018年3月21日(祝)

きれい・ねっと感謝祭2018

     ― 響きあういのち ―

京都KBSホール

すばらしい時空、必ずやご一緒できますように…

http://kilei.net/event/2018-03-21/

 

「なおちゃん流・超進化論講座」

http://kilei.net/event/shinkaron/

東京会場・大阪会場にて開講中

途中から、単発のご参加も大歓迎です♪

 

2018年1月6日(土)

篠浦伸禎出版記念講演会in姫路

脳外科医として第一線でご活躍だからこそ分かる

統合医療のお話、とても楽しみです!

きれい・ねっとの地元、姫路での開催ですので

私もお話しさせていただきます♪

http://kilei.net/event/2018-01-06/

 

☆きれい・ねっと新刊

現場から始まる医療革命 統合医療の真実

           (篠浦伸禎著)

君が代から神が代へ

     上下巻(森井啓二著)

いざ高次元世界へ−精神文明の夜明けに−

           (周藤丞治著)

『超空海伝 宇宙の真理が変わるとき』

      (川田薫・山内尚子共著)

 

※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
          https://kilei.ocnk.net/mail


****************************************

この記事のトラックバックURL : http://naoblog.kilei.net/trackback/447

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Recommend

Recommend

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM