ちょっとバタバタしていたら

アップが夜になっちゃいました〜。

 

土用明けして

月蝕をともなう満月で、

ライオンゲート

 

何年か前までは

もう、一生懸命時間とかチェックして

色んな皆さんの情報を参考に

お願いごとを書いたり

おまじない?したり

なんやかんやと

がんばっていたのだけれど

 

特に今年に入ってからかな。

 

執着しないで

たとえば、ちょうど情報に触れて

楽しそうならやる

くらいのノリになりました。

 

私は宇宙の一部だけれど

私が感じる宇宙は

誰かが感じる宇宙と

全く同じではないだろうから

それぞれの感じ方を

大切にすればいいのかなと

思うようになったという感じでしょうか。

 

ただ、

結果的にこの時を目がけていたかのように

何年も前から

ズルズル後回しになっていたことを

どうしてもどうしても

やっておきたいと思い立って

数日前にやりきりました。

 

何年も前から懸案だったこと

手放そうと決めて

少しずつ取り組んではいたけれど

なかなか思うに任せなかったんだけれど

これ以上

忙しいのを言い訳にしていたら

いけないなと急に強く思ってね。

 

8月は

というか、これからは

やりたい!と思うご本創りを

お伝えしたい!と思うイベント創りを

いちばん優先するんだぞーっと決めて。

 

あ、これ

願い事じゃん!!

 

(遅っ)

 

あ、それで

今日その「やりたい編集」を

させていただいていたらね。

 

もう言っちゃっていいかな。

物理学者の

周藤丞治(すとうじょうじ)さんの

原稿なんだけれど。

 

それから

同時に進めている

森井啓二さんの

原稿もそうなんだけれど。

 

私の願いそのものが

書いてあるんです。

 

もちろん、アプローチや

表現方法は違うのだけれど

 

正確には

同じ響きを感じる

響き合うのを感じるのです。

 

なんかね……。

 

やっと

 

やっとここまできた。

 

どこか懐かしささえ感じる

きっと、同じ船に乗る人たちと

やっと出会えた。

 

そして

こんな小さな私にも

私らしく在ることで

できることがある。

 

そう思うと

何もかもに

感謝の想いがあふれて

涙がポロポロ出てきました。

 

このブログで

こうして

つながってくださる皆さまとも

ご一緒できて嬉しいです。

 

だって

だから書けるんだもの。

 

本当にほんとうに

ありがとうございます。

 

 

それぞれにぴったりの

すばらしい満月の時を

お楽しみくださいますように^^

 

 

今日もお読みくださり

ありがとうございます♪

 

愛と感謝をこめて。

山内 尚子 拝

 

****************************************

☆きれい・ねっと最新刊

 

メシアメジャーメッセージ全集 時の終わりと時の始まり

  (村中愛著)5冊ボックスセット 税込定価15,000円

 

『超空海伝 宇宙の真理が変わるとき』

      (川田薫・山内尚子共著)

『聖なる約束4 ヤマト人への福音 教育勅語という祈り』

           (赤塚高仁著)

『Dr.三浦直樹 新次元の「ガンの学校」』

           (三浦直樹著)

税込定価1,620円・ただいま送料無料好評発売中!!

 

※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
   http://kilei.net/mail_magazine/


****************************************

Comment
こんにちは。カテ違いで初歩的なコメントで申し訳ありませんが、(い鯑海根拠に´△鰺僂ぁ↓はい鯤箒)、どのように思われますか。

  悵篥岨DNAは誰が作ったのか』

 地球上の全ての生命に遺伝子DNAが組み込まれていますが、1mとか2mとかの長さがあり、4種の塩基配列は複雑精巧で、自己修復機能まで有します。

 こんなものが自然や偶然に出来るわけが有りません。作ったのは「遠い未来の人間」です。

◆ 慂質(原子)は誰が作ったのか』

 地球上の物質(原子)は百余り有りますが、陽子・中性子・電子の3者で構成され、それ以外の構成は存在しないし、規則性とか法則性に支配されています。

 中性子は中性子線を内包し、特定の物質(原子)もα線とかβ線などを放射して崩壊し、電子は電荷を内包しています。

 こんな複雑な物が自然や偶然で出来るわけが有りません。原子を作ったのは「遠い未来の人間」です。

 (uクォークとかdクォークとか中性子のβ崩壊で発生する陽子や電子ニュートリノなどの難しい話ではなく、単に『こんなもの(原子)が自然や偶然に出来上がるものか』ということを、お尋ねしております。)

 宇宙の始まりが無機であったとしても、進化の途上で有機(生命とか生活機能)が生まれ、さらに彼らが多様な進化を遂げたうえで、人間や様々なものが作り出された可能性は否定されるものでしょうか。

 (胎児の成長過程で一時的に見られる「尾っぽ」とか「指の水かき」は進化の記憶でしょうか。)

ぁ 愡笋燭舛録郵的に作られた肉体を使って、人工的に作られた「場」で生活をしていますが、実は、今の世界は実在しない虚構であり、実在する本当の自分は「DNAや原子を合成する科学を持った遠い未来」(真実の世界)にいます。』という発想は、(無限回の問答は抜きにして)、成り立つでしょうか。

 (平行宇宙だとか重畳宇宙だとか「メビウスの輪」だとかの難しい解釈ではなく、もっとシンプルで単純な答えが見つからないものでしょうか)。
  • どう思われますか
  • 2017/08/21 14:17





   
この記事のトラックバックURL : http://naoblog.kilei.net/trackback/322

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Recommend

Recommend

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM