13:27
火水(かみ)の働き https://t.co/UwgfgBGkSY #jugem_blog
14:29
【35】科学者として、実験結果とそこから明白になる事実を記述する事には、何のとまどいもありません。しかし、インスピレーションを得た事を記述するのには不安がありました。しかし、これもまた科学者として記さずにはいられませんでした。そこ… https://t.co/0ai4nCESXL

タイトルは

今朝の瞑想もどきでやってきた

 

壮大なメッセージ。

 

 

たぶん

イヤーコーニングの原稿を

編集しているからだよね。

(本文にはそんな内容は出てきません)

 

 

とりとめない

メモのような感じで

申し訳ないのだけれど

 

 

火は上昇のエネルギーで陽

 

水は下降のエネルギーで陰

 

このエネルギーが

上手に作用……

というか、循環することで

宇宙は生成発展していきます。

 

光は

そのふたつがぶつかりあった

スパークという感じかな。

 

そうしてできる

人によるいちばん大きな創造が

赤ちゃんだよね。

 

えーっと赤ちゃんっていうのは

三次元化されていく

つまり下降方向のエネルギーで

創造されていくので

だからセックスは

下降のエネルギーなんだなあ。

 

三次元化していく下降のエネルギーに

上昇する陽の光が入って

スパークしてとどまって

「霊止(ひと)」となる。

 

で、瞑想は上昇のエネルギー。

 

森井啓二さんの『君が代から神が代へ』に

 エネルギーの向きのこと書いてあるよ〜

 

えーっと

ほんと話がとびとびだけど

だから

人には「産めよ増やせよ」的な理屈は

ほんとは当てはまらないんだよね。

 

ここのあたりのことは

ちょっといつか

ちゃんと文章化できたらいいなあと思う。

 

龍さんにも

火の龍と水の龍がいますね。

 

龍さんのことを

「神の使い」という言い方をするのは

これが人格というよりはむしろ

属性をもった

「エネルギー」だから、

だと思うんだなあ。

(超進化論講座ご参加の方は復習ね)

 

 

言語化するというのは

三次元化の

最初の行程なので

 

それがなされた瞬間に

分離が起きてしまうもの。

 

(分かった!と思った瞬間に波動が下がる

  by 川田薫先生)

 

つまり、それをする人は

生み出す陰、

つまり下降のエネルギーを使っている。

 

これ、だから

女性性の象徴なのですね。

 

で、その後

実物として立ち上げていくのは

火の、陽の力

 

 

この火と水のエネルギーが

宇宙の中心から

トーラス状に出ている循環の正体

すなわち「火水(かみ)の働き」

 

 

これが人体でも

宇宙の相似象(おお、『静電三法』!)として

起こっていて

 

 

それを上昇方向で

昇華できるのが

イヤーコーニングのすごさなんだよね。

 

 

……うーん。

 

 

それで最後にね。

 

地球はどういうふうに

進化していくのか、という

目標地点みたいな映像が

バーンと出てきたんだけど

 

 

それは、超進化論講座の

最終回にまでに

なるべく言語化しようと思います。

 

 

現実的な話に戻ろう。

 

 

片岡航也さんの出版記念講演会後

美しい東京タワーにうっとりし

 

 

翌日は

それに勝るとも劣らない美しさの

イヤーコーニングジャパン

近藤真澄ちゃんと密会?し

 

いろいろ話して

そして、イヤーコーニングの

セッションも受けて

 

 

(巫(かんなぎ)はすごいです。

 「昇華の度合いが違う」というのが

 表現としては正しいのかな。

 人生の必要な場面が来た時には

 受けてみられるといいかもしれません)

 

 

そこでかなりいろいろ気づいんだなあ。

 

 

近藤真澄さんのご本は

2月下旬刊行予定。

 

そして、今年は4月から

超進化論講座の進化版として

偶数月は東京

(第一日曜午後・四ツ谷船井セミナールーム)

奇数月は大阪

(こっちは決まり次第発表しますね)

 

著者先生お一人となおこが

いーろいろぶっちゃけトークをするという

企画をやっていくことになったのですが

 

その講師のお一人として

近藤真澄さん内定しましたので

お楽しみになさっていただければと思います。

 

 

ああ、そういえば

今日は舩井幸雄週間の最終日だな。

 

 

なんだか

『静電三法』の言葉が

すうっと出てきた時

先生にお会いできたような気がしました。

 

 

ああ、言葉を扱うからには

もっと精進しないと。

 

 

さ、お仕事に戻ります。

 

 

今日もお読みくださって

ありがとうございます♪

 

愛と感謝をこめて。

山内 尚子 拝

 

 

****************************************

☆楽しみなイベント

2018年3月21日(祝)

きれい・ねっと感謝祭2018

     ― 響きあういのち ―

京都KBSホール

すばらしい時空、必ずやご一緒できますように…

http://kilei.net/event/2018-03-21/

 

「なおちゃん流・超進化論講座」

http://kilei.net/event/shinkaron/

東京会場・大阪会場にて開講中

途中から、単発のご参加も大歓迎です♪

 

2018年2月1日(木)

醸せ師・柿本恭子
 ☆発酵プラス食養生ワークショップ☆

☆Lesson3 : 納豆で血液サラサラ・アンチエイジングも!

13:30〜16:30 京都mumokutekiホール

私もすこしお話しさせていただきます♪

http://kilei.net/event/2018-02-01/

 

☆きれい・ねっと新刊

お月さまからのメッセージ

   いま伝えたい魂を輝かせる月のテンポの秘密

           (片岡航也著)

現場から始まる医療革命 統合医療の真実

           (篠浦伸禎著)

君が代から神が代へ

     上下巻(森井啓二著)

いざ高次元世界へ−精神文明の夜明けに−

           (周藤丞治著)

 

※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
             https://kilei.ocnk.net/mail


****************************************

16:10
新しい「神話」を紡ぐ https://t.co/OBM7soM5YD #jugem_blog

なんだろうねえ

 

10年以上前に

たつきさんと何度も訪れた

このショップに

(トータルヘルスデザイン

  東京元気アップショップ)

 

きれい・ねっとの本たちが

大切に並べられている感慨……。

 

 

めぽたん(右上)、可愛いし……。

 

いま、実物がすぐにお求めいただけるのは

このトータルヘルスデザイン

東京元気アップショップだけです。

 

次に早いのが

ネットショップからのお求めで

来週から順次発送させていただきます。

  ↓ ↓

お月さまからのメッセージ

  いま伝えたい魂を輝かせる月のテンポの秘密

 

その10年以上前というのは

そのビルで開催されていた講演会に

参加していたのだけれど

たつきさんがどうしても

ぐずっとしてしまうので

トータルさんのショップに

退避させてもらっていたのです。

 

そこで、今回の

片岡航也さん出版記念講演会の

司会を担当してくださった

東京元気アップショップ店長の

後藤さんと知り合ってね。

 

ショップに行くと

いつもお茶を入れてくださるので

(私はビワミンが好きです♪)

それで買うのが「竹炭かりんとう」だけでは

(今は残念ながら販売終了)

申し訳なくて

 

そうだ、

朗読のBGMになるような

CDないですかね?と質問して

購入したのが

 

「つきを呼ぶ音楽 絶対テンポ116」

 

時は流れて

とっても仲良くなった

近藤陽子さんにとっても

思い出深いCDだったことから

昨年の感謝祭の開場から開演までの時間

この「月のテンポCD」が

KBSホールに流れたのでした。

 

 

今年も感謝祭をやると決まった時

じゃあ、

これだけご縁があるんだから

月のテンポのご講演を

いただけたら嬉しいね、ということで

片岡航也さんをご紹介いただいたのですが

 

実は私、この段階では

 

片岡慎介さんと片岡航也さんの

区別があんまりついていなくて……(笑)。

(航也さんは慎介さんの娘さんである

 由季さんのお婿さん)

 

しかも

 

航也さんのほうには

お月さまから

 

「2017年か2018年に

 本を創る流れになる」

 

と、メッセージが届いていたそうで。

 

まあ、とにかく

そんなこんなで本が創られ

 

絶対テンポ「116」の1月16日に

出版記念講演会となったのでした。

 

 

そこまでの大変な道のりを

おもしろおかしく話す航也さんと私。

 

講演会後は

 

尚子・航也さん・陽子さん・由季さんと♪

 

それから

『お金のひみつ』の絵本のももちゃんに

ご紹介いただいて

 

ずっと前からブログのファンだった

ルミナ山下さんがお越しくださいました。

 

 

星読みに

物語があるんです。

 

で、それがとても美しいの。

 

終わってからカフェで

お話しさせていただいたのですが

 

ルミナさん、様々な食べ物を

プロデュースされているんですね。

 

塩とかカレーとか。

 

で、もうすぐギリシャの

オリーブオイルを扱われるのだそうです。

 

このオリーブは

オリンピックが初めて行われたとき

優勝者に与えられたオリーブ冠の

そのオリーブなんだそう。

 

ちょうど2020年に

日本で行われるオリンピックの時に

このオリーブにまつわる物語を

「食べる」ことで

私たちの中に在る

価値観を変えていきたいという願いを

お話しくださいました。

 

このお話をしている時に

ルミナさんは

言葉ではその時その場では

沁み込んでも

本当に身につけるのは難しい。

 

だから

日常で日々「食べること」で

新たしい生き方、新しい価値観を

沁み込ませていきたい

とおっしゃっていました。

 

あ、でも

ルミナさんは言葉を軽視しているわけでは

決してなくて、新しいご本の執筆も

すでに決まっているそうです。

 

ルミナファンとしては

本当に楽しみです^^

 

あ、それでね。

 

ルミナさんに貴重なお時間をいただくことで

 

いま、私のもとへと

やってくる情報の多くが

統合医療や食養生のような

身体へのアプローチであることの意味を

あらためて

感じることができたように思うのです。

 

食べるものを変えていくと

身体だけではなく

心、性格、そして生き方までもが

はっきりと変わります。

 

2月1日(木)は

京都mumoketekiホールにて開催の

3回目となる

醸せ師・柿本恭子
 ☆発酵プラス食養生ワークショップ☆

 

 

今回は「納豆」

やっちゃんご自身が

アトピーを改善された

工夫して食べやすくつくったレシピを

公開してくださいます。

 

少人数なので

お一人ずつの健康の相談にも

気さくに乗ってくださいます。

ぜひぜひ、お運びいただけましたら幸いです。

 

私はね。

 

やっちゃんが出し惜しみなく

教えてくださるのは

机の上のものではなくて

ご自身が生き方を変えてきた

その道のり、

「物語」そのものなんだと感じます。

 

そして

 

ちょっと飛躍するかもしれないけれど

 

その昔

生き方を学ぶ教科書と言われた

「古事記」や「聖書」

 

そこにあるのはみんな

「物語」なのですよね。

 

等身大で

悩んだり苦しんだり

間違えたりけんかしたり……。

 

そのもがきながらも

生きる姿から

私たちは、多くを学ぶのでしょう。

 

いま、私が出逢う

様々な真実の「物語」は

 

きっとそれらと同じように

これからの

新しい智恵となり

やがて

新しい「神話」になっていくんだと

 

そう、

思ったのです。

 

そして、それを

紡ぎ織りなしていくのが

私の

本当の願いなんだと

 

そんな

いと壮大なことを感じた

 

感じてしまった

私の新月タイムだったのでした。

 

 

今日もお読みくださって

ありがとうございます♪

 

愛と感謝をこめて。

山内 尚子 拝

 

 

****************************************

☆楽しみなイベント

2018年3月21日(祝)

きれい・ねっと感謝祭2018

     ― 響きあういのち ―

京都KBSホール

すばらしい時空、必ずやご一緒できますように…

http://kilei.net/event/2018-03-21/

 

「なおちゃん流・超進化論講座」

http://kilei.net/event/shinkaron/

東京会場・大阪会場にて開講中

途中から、単発のご参加も大歓迎です♪

 

2018年2月1日(木)

醸せ師・柿本恭子
 ☆発酵プラス食養生ワークショップ☆

☆Lesson3 : 納豆で血液サラサラ・アンチエイジングも!

13:30〜16:30 京都mumokutekiホール

私もすこしお話しさせていただきます♪

http://kilei.net/event/2018-02-01/

 

☆きれい・ねっと新刊

お月さまからのメッセージ

   いま伝えたい魂を輝かせる月のテンポの秘密

           (片岡航也著)

現場から始まる医療革命 統合医療の真実

           (篠浦伸禎著)

君が代から神が代へ

     上下巻(森井啓二著)

いざ高次元世界へ−精神文明の夜明けに−

           (周藤丞治著)

 

※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
             https://kilei.ocnk.net/mail


****************************************

断捨離の一環で

古いブログを順次閉じているのですが

ちょうど今朝早くに

このブログが目に留まりました。

 

阪神大震災から23年。

 

記憶というのは

薄れていくもので

それはすばらしいギフトだと思う。

 

あの時のことにしても

歴史的な様々な悲劇にしても

ただ、忘れないようにしよう

教訓にしようというのは

すこし違う気が、私はしています。

 

本当に忘れちゃいけないことは

 

っていうか

あの時思い出したことは

なんなのかな……。

 

私なりに出した答えは

たぶん間違ってはいないだろうと

眠れない朝に

この記事と出逢うことで

感じることができました。

 

以下、祈りをこめて

引用したいと思います。

 

*****************************

 

阪神淡路大震災から19年目の朝
あの日あの場所にいた一人として
静かに祈りをもって過ごしました。

昨年から311の真実の物語

『命のづきに大事なこと』を
朗読させていただいているのですが

 

私自身もあのとき

神戸を歩いた経験を書いたエッセイが
2010年の拙著

『こころの宝物』に掲載されています。

忘れることは、悪いことじゃない。
だけど、

忘れちゃいけないこともある。

私たちの幸せには、

気づくもの気づかないもの含め
支えてくれる

たくさんのいのちがあるということ。
心からの感謝を、

そして祈りをもって
今日も、そしてこれからも
いただいたいのちを

大切に生ききりたいと思います。

◇幸せを支えるもの

五千人以上の犠牲者を出した阪神大震災から、

はや15年以上の時が流れ
震災後すぐに生まれた甥も、

この春高校生になりました。
私の自宅は、

同じ兵庫県でも

ほとんど被害のない地域だったのですが
ちょうどその時、

私は偶然友人と一緒に

神戸の真ん中にいあわせたのです。

あまりにも大きな揺れに、

最初は何が起こっているのか分かりませんでした。
幸い、友人も私も無事でしたが
ほんのさっきまで

平和の中にあった静かな家並みが
目の前で、

大音響とともにものすごい勢いで倒れ、

壊れていきました。

今も私の目に焼きついて離れない
もうもうとあがる砂煙と、

その上にある真っ黒な空
雑多なものが焼け焦げた匂いと、

どこまでも続く瓦礫の山 
人が作ったもののはかなさを、

見せつけられているようでした。
目をそらしたくても、

そらす場所すらなかった。

いったいこれからどうなるんだろう 
余震のたびに感じる恐怖
夜になると襲ってくる、

どこかに落ちていくような、

途方もない不安

どこからか助けてと叫ぶ声がしても、

行くこともできず
もし行くことができたところで
何ひとつできることのないだろう、

みじめな自分……。 

あのとき、私たちは、

悲しいくらいに無力でした。

避難場所になっていた小学校には、

とてもたくさんの人々が集まっていて
何をするにも長い長い列ができました。

あるとき、そんな何かの列に、

疲れきってぼんやりと並んでいた私の耳に
力強い声が響きました。

「後ろに子供がおるから、入れたって」 

「おばあちゃん大丈夫か?

 誰か椅子のかわりになるもんないか」 

「お医者さんもうすぐ来るからな。がんばろうな」

それは、ほとんどが

レスキュー隊でも警察でもない、

ごく普通の人たちの声でした。
おそらくみんな、家も仕事も失っている。
大切な人を失った人だって、

たくさんいたと思う。

そんな苦境の中で、

家族でもなんでもない
たぶん知り合いですらない人たちが、

声を掛け合い
驚いたことに、

ほとんどの人がちゃんとそれに従っていました。
時々、怒鳴っている人もいたけれど、

たしなめる人もいた。

気がつくと、

張り詰めすぎて忘れかけていた涙が、

ぽろぽろと流れていました。

大丈夫。

 

私は一人ぼっちじゃない。

それは私にかけられた

声だったわけではありません。 
けれど私は、

いえ私だけではなく

あの場にいたたくさんの人々が
間違いなくあの声に助けられていました。

震源もはっきりせず、

食料やお布団がどうなるかも

分からないような状態で
夜は灯り一つなく、

何も誰も見えなくなっても
あの声があったから、

私は小さな安堵の心をもって、

恐怖に自分を見失わず
人として存在することができたんだと思います。

もちろん、

そんなことを感じる間もなく、

亡くなった方も多い。
逆に深く人に傷つけられた方もいると思う。

 

今だって地震にかぎったことではなく
時間だけで癒せるものではないような
孤独や傷を抱えている人も

たくさんいらっしゃることでしょう。

けれど、そんな不公平な状況の中で
運にも恵まれ、

今、こうしていのちを長らえてみて
何がいちばん大切なのかと問われたとき

私はあの優しくも力強い声だと伝えたい。

寸断された道路で、

お互いが滑らないようにと支えあった
見知らぬ人の手のぬくもりだと伝えたい。

今となっては名前も顔も分からない
恩人である声の主に、

直接感謝を伝えることはかなわないけれど
今度は私が、

真摯な生き様で、

言葉で、

伝えていきたいと思っています。

大丈夫。

 

あなたは一人ぼっちじゃない。

どんな状況にあっても
そんなものがいのちを、

幸せを支えているんだと、

私は心から信じています。

『こころの宝物 幸せなあなたに出逢う旅』より

http://kilei.ocnk.net/product/37

 

 

今日は新月ですね。

 

大丈夫。

 

わたしたちは

一人ぼっちじゃない。

 

その先にあるのは

もう誰一人

犠牲になることのない

喜びの道

 

いまこそ

新たな時代を

みんなで

はじめていきましょう。

 

 

さあ、大切な打ち合わせに

出かけてきます。

 

 

今日もお読みくださって

ありがとうございます♪

 

愛と感謝をこめて。

山内 尚子 拝

 

 

****************************************

☆楽しみなイベント

2018年3月21日(祝)

きれい・ねっと感謝祭2018

     ― 響きあういのち ―

京都KBSホール

すばらしい時空、必ずやご一緒できますように…

http://kilei.net/event/2018-03-21/

 

「なおちゃん流・超進化論講座」

http://kilei.net/event/shinkaron/

東京会場・大阪会場にて開講中

途中から、単発のご参加も大歓迎です♪

 

2018年2月1日(木)

醸せ師・柿本恭子
☆発酵プラス食養生ワークショップ☆

☆Lesson3 : 納豆で血液サラサラ・アンチエイジングも!

13:30〜16:30 京都mumokutekiホール

私もすこしお話しさせていただきます♪

http://kilei.net/event/2018-02-01/

 

☆きれい・ねっと新刊

お月さまからのメッセージ

   いま伝えたい魂を輝かせる月のテンポの秘密

           (片岡航也著)

現場から始まる医療革命 統合医療の真実

           (篠浦伸禎著)

君が代から神が代へ

     上下巻(森井啓二著)

いざ高次元世界へ−精神文明の夜明けに−

           (周藤丞治著)

 

※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
            https://kilei.ocnk.net/mail


****************************************


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Recommend

Recommend

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM